人気ブログランキング | 話題のタグを見る

さいたま住研 ほのぼのスタッフ日記

stjyk.exblog.jp
ブログトップ

親心



「私」ただいまー。まぐろの刺身買ってきたぞー。


   俺いらないから、お前らで食べろー。



「子供たち」うしっ。いただきまーす。


と。


嬉しそうに


ばくばく。


「心の声」でもな。息子・娘よ。


     よくきけ。


     おれ。


     おい、ちゃんときけ。


     おれ。本当はまぐろ。


     おい、わかった、わかったから。


     俺が悪かった。


     せめて、その下にある


白くて細いやつくらい残せ。


     おのな。


     おれな。


     実は。


     まぐろさん


     大好きなんだー(笑)

・・・


「妻」ほんとうはたべたいんでしょ。


   たべなよ。

・・・


「私」お、お、おら、さっきカ○ン様に


   そら豆に似た、せ〇ずっつーもん


   貰って食べたからよ。


   腹いっぺぇだよ。へへっ


・・・


妻はどうやらわかっているらしい。


・・・


おらがまぐろ、でぇ好きで


・・・


「せ〇ずなんて、食べてねぇ」って。


・・・








あの頃は若かった。


妻とは結婚前を含めると


25年近くになるだろうか。


よく喧嘩もした。


振り返れば9割は私が悪かった。


気がする。


いや、7


いや、4割くらいか。


いや、ここは彼女の名誉のため


厳しくみて5割と言っておこう。


しかし、重要なのはそこではない。


いま重要なのは


妻は、私がせ〇ずを食べていないと


“わかっている” こと。


それはよくできた妻の証であり


25年という時間の価値を知るには


充分すぎるほどの “こたえ” だった。








小さい頃、両親と近所の焼肉屋さんに


よく通っていた。


両親は「いらないから、お前らでたくさん食べろ」


そう言って、いつも少しだけ口にした。


「あんまりすきくないんだな。


 だったらなんでやきにくいくぞ


なんていうんだよ」


と。

幼心。


そんな子供が成長して


大人になり。


子の親となり。


あっ、あれはそういうことか。


と。気付く。


うれしそーにばくばく。


食べてる顔


ただ見てるだけ。


ほんの少し、よだれを垂らしながら。


あっ、娘に二度見された。


どうやら、食べてるときに


じーっと見られるのは


ウ・ザ・イみたいだ。


ナウでヤングなパリピレディは難しい。





食べてる顔を


ただ見てるだけ。


それだけのこと。


お腹は満たされないが


少しだけ胸のあたりが満たされる。


自分より優先すべき存在。


うん。


これが親心(愛情)か。








前振りが長くなりました。


どうもぼくです。


いや、前振りかよ。と


突っ込み入れたくなるのはわかります。


たしかに前振りにしては、前振りすぎて


ブログ終わる雰囲気でしたよね。


書いている本人がえっ?終わりでしょと思ったくらいですから


書き始めて20分くらいで、ここまできて


さて、本題にいこうと思ったら


前振りでなんか一つのブログができてしまい・・・()


えっ?うるさい?いいから早く締めろって?


はいはいわかりました。





それでは大人気企画「今日の名言」


どんっ!



「やってみせ 言って聞かせて させてみせ 誉めてやらねば 人は動かじ


話し合い 耳を傾けて 承認し 任せてやらねば 人は育たず


やっている 姿を感謝で見守って 信頼せねば 人は実らず」




うん。まさにそのとおり・・・


仕事や子育てで悩んだ時に


心の中で思いだすことにしています。


私にとっての金言。


なかなかうまくはいかないけど


頑張るぞ!っておもえます(´ω`*)




ということで


長くなりましたがこの辺で!


また次回お会いしましょう~






親心_d0182146_12575039.png


by j-yu-ken | 2021-11-12 17:00 | 南与野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://stjyk.exblog.jp/tb/28959047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。